おいしい瞬間

<   2006年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧




ACCA

3回目のアレンジメント教室の後、
f0013019_22434537.jpg

広尾商店街を抜けて、アクアパッツアの斜め前ぐらいにあるACCAに行きました。

写真撮影はちょっと・・・とお断りを入れられたので、ここでは写真なしになります。
#他のブログでは写真撮ってるのに・・・。

まず、アミューズとして、
姫サザエのエスカルゴ風
芝えびのバーニャカウダ
フォアグラと蜂蜜のアイスクリーム添え
が出ます。

どれもとても美味しかった。
バーニャカウダは残りのオリーブオイルをパンにつけて食べる用にと、ずーっとおいておいてくれるので、塩辛いのですが、にんにくがきいていて美味しいので、ひたすら口に運んでしまいます。
フォアグラはスプーンにアイスと一緒にのって、一口で食べられるようになって出てきます。
温かくてとろけるようなフォグラと甘くて冷たいアイスが、口のなかで混ぜあって、夢のような一瞬を味わえます。

前菜には、鮪のタルタルソースタラバ蟹のグリルを二人でシェア。
鮪は定番ですが、飽きの来ない仕上がりとなっており美味しかったです。
蟹のほうは、素材の味を活かす感じになっており、ちょっとお味が薄め、塩味が足りない感じですが、でも美味しい。

パスタは、ミートソースのラグーを。

メインにイベリコ豚のロースト ローズマリー風味
ローズマリーの風味が強めで、香料好きの私としては、結構好きな味でした。

お口直しにレモンのシャーベット
これは少々、お酒が強めです。

デザートは、バニラアイスとフォンダンショコラ
ケーキの中から温かいチョコレートが~~。
このチョコレート甘いのですが、全然、くどくないのです。

ネットでの前評判通り、一品一品の料理をサーブするまでの時間がかなり長い。
6時に入って、結局、お店を出たのは10時半ぐらい。
ただ、奥様がほとんど一人でサーブをしてくれる家庭的なお店なので、時間の余裕にあるときか、早めに入店できるときに行くことをお勧めします。

メニューはプレフィクスメニューのみで、+シャンパン1杯で1万円/人ぐらいでした。
その日その日によって、市場で最もいいものを仕入れて、それをもとにメニューを作るので、決まったメニューはないようです。
なので、どれもこれも本当においしく、安心して食べれるお店です。

素材へのこだわり、料理としての完成度の追求が感じられるお店でした。
これが都内の激戦区にありながら、息長くお店を続けられる秘訣なのだと思いました。

********************************************************
東京都渋谷区広尾5-19-7協和ビル1F 
TEL:03(5420)3891
営業時間:12:00~13:00(L.O.)、18:00~21:00(L.O.)
********************************************************
[PR]



by ys994007 | 2006-10-22 21:38 | 広尾

セレンディピティ

日本橋コレド3階にあるセレンディピティのカフェです。

会社帰りに、キャラメル カプチーノ(420円)で一息。
f0013019_203271.jpg

若干、ハートにアートしてくれています。
セレンディピティでローゼンダールを扱っているため、ローゼンダールの食器で出してくれるっぽいのですが、ちょうど出払っていたようで、私は普通の無地のもの。
残念。。。

少しざわざわしている感があるものの、ここは席数が結構あるし、長居もできるし、ちょっとのんびりしたい時にはいいカフェです。

******************************************************
セレンディピティ日本橋店
東京都中央区日本橋1-4-1 コレド日本橋3F
TEL:03-5205-0011
営業時間:11:00~21:00(日・祝11:00~20:00) 不定休
******************************************************
[PR]



by ys994007 | 2006-10-20 13:06 | 日本橋

台湾~初心者の旅~

10/8(日)~10(火)まで、初心者歓迎の台湾へ行ってまいりました。
飛行機で3時間半。
機内食:メンチカツを食べたら、すぐに着いてしまいます。
f0013019_22421330.jpg

ようこそ台湾へ。
f0013019_22421836.jpg

自由行動のツアーで行ったのですが、まずお土産物屋さんで両替&お茶を飲ませられます。
お茶は、台湾式のお茶をお茶菓子(乾燥フルーツとかわさびピーナッツとか)とともに出してくれます。
高山烏龍茶、東方美人など飲ませて頂いたのですが、日本のウーロン茶とは違い、香りが高くて、美味しかったな~。
また、カラスミも有名らしく、焼酎焼きをしてくれましたが、これがまた生臭みがちっともなくとってもおいしい。

台湾の町並みはこんな感じ。
10月ですが、Tシャツなどの半袖でも全然、平気。ただ、クーラーが強いので、羽織るものは1枚持っていたほうが無難。
f0013019_22425310.jpg

で、ホテルに着いてから、地下鉄に乗って、忠正紀念堂に行きました。
ここは蒋介石を記念して作られた建物です。その偉大さを称えるようにとても大きい広場と公堂です。
中には蒋介石のこれまた大きな銅像があります。
f0013019_22425831.jpg

そして、その後、HISのオプションで鼎泰豊(ディンタイフォン)と士林夜市のツアー(\3,000)に申し込んだため、ホテルへ帰る。
のですが。。。
結局、ツアーのバスに乗り遅れ、、、
タクシーで鼎泰豊 本店に駆けつけました。
やはり有名なお店だけあって、店の前は人だかり…。
店の人にマイクで名前を呼ばれ、なんとかツアーに合流し、ご飯にありつけました。

ほっ。

さて、ご飯ですが、キャベツとか空心菜とか前菜がまず出ます。
そして、点心系。
左から、名物の小籠包。生姜酢醤油につけて、食べます。お酢をたっぷり目にするとのこと。
中のおつゆは若干少なめ、でも口の中でお肉とスープが見事に混ざり合い、とてもおいしい!!

その他、海老の蒸し餃子、野菜と豚肉入り蒸し餃子、あんこ月餅、海老と豚肉入りシュウマイ。月餅の後に海老シュウマイが出てきて、順序が逆だろうという感じだったのですが、どれもおいしかったです。
月餅も温かくて、ほくほくした感じで、いわゆるお土産物屋に並んでいるものと違って、美味しかったです。
f0013019_23154282.jpg

あと、玉子チャーハンとスープがつきます。
f0013019_23264922.jpg


ディンタイフォンは日本にもあるようですので、是非行かれることをお勧めします。

そして、士林の夜市へ。台湾人は市好きらしく、各地で市が立っているのですが、士林の市は、その中でも台北市内最大とのことで、、、
バスを降りるととにかく、すごい人。駅前の通りを一本入ると、屋台が出ていたり、ジーンズが道路上に並べられていたり。この場合、試着はできないのよね・・・?
f0013019_9422851.jpg

この市で一番有名なのが、「美食街」と呼ばれる食べ物の屋台街。
f0013019_23271285.jpg
肉とか炒め物とかいろんな匂いが綯い交ぜになって、慣れない私達にとってはちょっと厳しいです…。

この日は、ホテル着後、さらにホテルから10分弱の足裏マッサージに行きました。
ちょっと裏道なので、分かりにくいのですが、日本人も多く来ているみたいで、沢山の写真が壁にいっぱい貼られていました。そして、クリスマスの飾り付けなどあり、なんともお茶目なお店です。
f0013019_9443332.jpg
ボディ60分、足60分やってもらって、すっきりして、夢路に着きました。

2日目
次の日は、どうやって回ろうか、いろいろ迷ったりしたのですが、ホテルの人のアドバイスもあり、タクシーを1日チャーターし、忠烈祠、故宮、九分(*1)を3000元(台湾ドル)で回って頂きました。
*1:フンの字は、本来は人偏が付きますが、変換ができないので分で代用

まず、市内北部にある忠烈祠に。
ここは靖国神社のようなところで、戦争で亡くなられた方の英霊が祀られているところです。
毎時に行われる衛兵の交代式が必見とのことで、9時に観にいきました。
f0013019_23414771.jpg

その後、故宮に行く予定だったのですが、運転手さんが間違えて、九分方面へ。
尋ねるとその後、故宮に行くとのことだったので、まぁいっかとのことで、台湾の輸出を担っている基隆という港町を通って、九分へ。

この基隆の街で、運転手さんが気を利かせて降ろしてくれた寺院だったのですが、あまりにローカル過ぎる場所であったため、申し訳ないのですが、ちょっと引いてしまいました。
やっぱりすごい大きさの白い菩薩像とかこれまた大きい狛犬が中央にそびえ、本殿は天王に守られ、やや端にあり、寂れた遊園地風のような雰囲気を醸し出しており、なんとも物悲しい気持ちにさせられてしまったのです。
港を展望できる休憩所みたいなところに行くまでにちょっとした回廊のようなものがあるのですが、その柱の上部には、中国の漢詩が額に入れて飾られていて、運転手さんが4つか5つぐらい、丁寧に訳してくれました。
でもなんだかよく分からなかったです…。
私の記憶に残っているのは、春眠暁を覚えずだけ。しかも、これは朗読してもらってない…。
f0013019_23572761.jpg


そして、ここから山を登って行くと、九分に。

ガイドブックによると、九分は戦前、金鉱として栄え、ゴールドラッシュに湧いた街。
戦後、金鉱が閉山すると同時に、街から人が去り、逆に、それが功を奏して、再開発を免れることになり、当時のままの雰囲気が楽しめる街になりました。
「千と千尋の神隠し」で千尋と両親が迷い込んで、豚になってしまった町のモデルとなったところと言われております。
また、現在、渋谷シネマヴェーラでやっているホウ・シャオシェン映画祭(会社の人情報)にて、放映されている映画「悲情城市」や「恋恋風塵」の舞台となった街でもあります。

そんなレトロな雰囲気漂う街を、期待に胸を膨らませながら行くと、
台湾の連休にも重なったこともあり、かなりの人、人、人。
お土産物屋さんやら食べ物屋さんやらの商店がひしめき合うメインストリートがあるのですが、大混雑。ラッシュアワー時の電車のようでした。

ただ、路地に入ると、人も多少減り、映画の世界に入り込んでしまったような石階段の道に出ます。
f0013019_235909.jpg


ランチは、お目当ての九分茶房系列の天空之城で。
ここのオーナーの奥様は日本人の方で、ポカポカ地球家族に出られていた方。
店内を一通り、見せていただいて、
f0013019_10493866.jpg

500元のランチメニューを。
食前酢、サラダ風の前菜、お味噌汁が出ます。
そして、メインは烏龍茶風味の鶏。最後にデザートの代わりに東方美人茶を。
f0013019_11233757.jpg


お茶菓子として、抹茶クッキー、梅が出されるのですが、この梅がとても美味しい。
干しあんずより甘くて、本当、驚きの美味しさであったため、買い求めてしまいました。
f0013019_1115892.jpg


そして、台北のほうに戻り、故宮博物院に。
f0013019_11152914.jpg

横には、至善園という中国式庭園があり、10元とかで入ることができます。
f0013019_1126043.jpg

緑の綺麗な公園で、しばし落ち着くことができます。

それからマンゴーのかき氷を食べに、冰館へ。
ここで、1日を共にしてくださったタクシーの運転手さんとはお別れです。
本当にとても親切で、感じの良い方でした。

で、マンゴーのかき氷♪♪(150元)
f0013019_1132307.jpg
これはめちゃくちゃ、美味しかったです。マンゴーが新鮮だし、口の中で溶ける感じ。

食料を補給したところで、ここのお店の近くのお洒落な雑貨屋さんに寄って、目指すは台北101展望台です。
f0013019_11365235.jpg

最寄りの市政府駅から無料シャトルバスが出ているとのことで、それに乗って行きました。
ここらへんはショッピング街らしく、三越やその他デパートらしき大きな建物が林立しており、ちょっと新宿のような雰囲気を醸し出していました。
101の下には、デパートやスーパーなどショッピングセンターがあるので、そこで物色してから、89階まで。
現在、世界一高いと言われる展望台から見る眺めは圧巻です。

それから、ディナーへと、中山國中駅の程近くにある風尚へ出向きました。
が、次の日、結婚式があるとのことで、閉店時間が早まって、あと30分だけしかないけど、いいかしら?と日本語堪能なお化粧を施したお兄様に言われ、敢え無く断念。
ちなみに、この人も優しい感じの人でした。
そして、近くの現代啓示録へ。
ここはライブハウスのようなところらしいのですが、料理も美味しいらしく食事目当ての人も多いらしいです。
頼んだのは、海老をパイナップル味のマヨネーズで和えた果律蝦球、お豆腐の揚げたもの、空心菜炒め、お肉入りの麺。
f0013019_11501689.jpg
麺は想像とは違ったのですが、どれも案外油っこ過ぎず、美味しかったです。

3日目
今日は、9時半にホテル集合だったので、どこに行くこともできず、近くのセブンイレブンをちょっと眺め終わり。
昨日のディナーの近くのDFSに寄って、買い物を済ませ、圓山大飯店にさよならを告げ、いざ空港へ。
f0013019_11585478.jpg


空港には早々と着いてしまい、GUCCIとかエルメスとかプラダとかを見るも、時間が相当余ってしまたのですが、小銭が25元しかなくスタバも買えず…。
仕様がなく、唯一、自販機で買えたのがこれ。
f0013019_1212816.jpg
烏龍茶なのに、砂糖が入っていて、異常に甘~~い。
以前、中華料理屋で、こういう瓜のお茶の缶が出てきたことがあったのですが、これまた異常に甘かったことを思い出しました。烏龍茶の甘さはこの瓜茶の甘さよりましでしたが。

そうこうしてるうちに、飛行機に乗って、嫌われ松子の一生を見てるうちに、日本へ帰ってきました。
機内食は、JAA風日本食オードルなんとかというのを頼んだのですが、お弁当みたいな感じ。
f0013019_1232522.jpg


両替レート:1元(台湾ドル)=4.06円
[PR]



by ys994007 | 2006-10-15 00:03 |

エルルカン ビス

湯河原に足湯の浸かれるレストランがある。
とHanakoの記事を見つけて、
(いや、本当は日本酒に合うお料理を出してくれる店と紹介されてました。)、
友達5名を引きつれ、わざわざ湯河原まで。
雨が降っていたのに、お疲れ様でした…。

湯河原の駅まで、東京から東海道本線にて1時間45分。
海の見える真鶴道路を横に見ていると、湯河原に辿り着きます。
そして、駅から車で10分程、山のほうに登っていくと、竹林の中にエルルカンビスがあります。

メニューは、木漏れ日のランチなのだろうか。
早速、お料理が出てきました。
f0013019_22265943.jpg

まずアミューズ。奥が野菜の酢漬け。手前は私がチーズが嫌いであったために、お肉のカルパッチョ。
f0013019_2227484.jpg

一の前菜
海老がすっごく柔らかく、それでいてプリプリしていてとてもおいしかったです。
f0013019_2227918.jpg

二の前菜。
葱と魚のカルパッチョ。
f0013019_22271339.jpg

キャロットのスープ。甘みのある一見、パンプキンスープのような味でした。
f0013019_22271766.jpg

牛タン。
海の近くなのに、お肉がとても美味しいのです。
この牛タンもとても柔らかくて、タレがおいしい。
f0013019_22272583.jpg

そう実はこの日は私の誕生日。
ケーキを用意していてくれたのです。デコレーションがあったのですが、写真を撮るのを忘れてしまいました…。
f0013019_22273219.jpg

ココナッツのプリン
甘すぎず、美味しかった~。
f0013019_22273756.jpg

お花を頂きました。m(__)m
ありがとうございます。ぶれたので、油絵風にしてみました。
f0013019_2254286.jpg


足湯には入れなかったのですが、手をつけただけでもとても温かく気持ちよかったです。
あっという間に、4時間ぐらい経ってしまい、楽しい仲間と楽しい時を過ごしました。
********************************************************
〒259-0341 神奈川県足柄下郡湯河原町宮上744-49
TEL:0465-62-3633
営業時間:ランチ 11:30‐14:00 (L.O.)
       ディナー 平日・日曜17:30‐20:30 (L.O.) 休前日は22:00 (L.O.)
********************************************************
[PR]



by ys994007 | 2006-10-12 16:34 | その他

FORTUNUM & MASON

フォートナム&メイソンの紅茶ケーキ。
軽くて美味しかったです。
f0013019_1445227.jpg

これが私の三十路祝いケーキ。
[PR]



by ys994007 | 2006-10-07 14:45 | その他

美味しいものを食べている時が一番の幸せ
by ys994007
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お気に入りブログ

★トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。東京
旅行口コミ情報

soussan. Get yours at flagrantdisregard.com/flickr

人気ブログランキング - おいしい瞬間

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧